*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆竹山天使☆鑑賞記
カンニング竹山でおなかいっぱいの守護天使鑑賞@渋谷HUMAX



■守護天使

監督:佐藤祐市
脚本:橋本裕志
原作:上村祐
撮影:川村明弘
音楽:佐藤直紀
美術:荒川淳彦
製作国:2009年日本映画
配給:エイベックス・エンタテインメント

キャスト:
竹山隆範、佐々木蔵之介、與真司郎、忽那汐里、寺島しのぶ、佐野史郎、池内博之、大杉漣、柄本佑、日村勇紀、波瑠、吉田鋼太郎、キムラ緑子、升毅





監督はキサラギ佐藤祐市監督
キサラギがおもしろかったし、この映画の予告も面白そうだったので楽しみにしてました。

うん。
おもしろかったんだけども。
若干期待はずれというかなんというか。
キサラギがおもしろすぎたからかなぁ。
いやね、キサラギと比べなくてもいいとは思うんだけども、
比べなくても、なんか普通・・・といってもいいかしらん。
途中ちょっと中だるみがあったり、クライマックスがどこかわかんないような。

いや、おもしろくないわけじゃないのよ。
おもしろいのよ。
でも、それだけ、って言うか、観終わって、後で記憶にまったく残らない。
だからって、ただゲラゲラ笑えるようなお話でもないし。
カンニング竹山の裸体だけはぐわーーーっと覚えてるけども(ひどい)。
竹山の体で遊んで終わってる気がしないでもない。

まあ、これはもしかしたら男女で感想が違うかもしれないな、と。



ただ、そんな中ステキだったのは、寺島しのぶ
姉さんかっこいいっす!惚れまっす!
最後の姉さんもいとおしいっす!姉さんがいて良かったです。








おーい小野寺!またか!
他球団との中継ぎの差がでかすぎるぜ……orz




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 守護天使 カンニング竹山

麻生久美子×2本観た
この1週間で麻生久美子映画を2本観てきたのだけども、
岡田くんと共演してるやつみてないじゃんか・・・(おとなり

どっちもミクシのレビューに簡単にレポ。
で、こっちにも簡単に感想など。




■インスタント沼

監督・脚本:三木聡
撮影:木村信也
美術:磯見俊裕
編集:高橋信之
音楽:坂口修
製作国:2009年日本映画
上映時間:2時間
配給:アンプラグド、角川映画

キャスト:
麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、相田翔子、笹野高史、ふせえり、白石美帆、松岡俊介、温水洋一、宮藤官九郎、渡辺哲、村松利史、松重豊、森下能幸、岩松了、松坂慶子



これはおもしろかったー☆
キャスト全員でひたすら真剣に時間をかけてアホやって、
で、最後もなんだかものすごい爽快感~v
ハナメを見てるとウジウジ悩んでることが馬鹿らしくなる。
思ったらまず行動。

「そんなことしてなんになるの?」
「私の気がすむ」


この科白はちょっとほっこりきた。ナイスハナメ。
そんな考えでいいんだよねー、ほんと。





■ウルトラミラクルラブストーリー

監督・脚本:横浜聡子
プロデューサー:中野朝子、土井智生
撮影:近藤龍人
美術:杉本亮
編集:普嶋信一
音楽:大友良英
製作国:2009年日本映画
上映時間:2時間
配給:リトルモア

キャスト:
松山ケンイチ、麻生久美子、ノゾエ征爾、ARATA、渡辺美佐子、原田芳雄、藤田弓子、齋藤咲良、竹谷円花、米田佑太、中沢青六、キタキユマ、野嵜好美、乗田夏子、宇野祥平、小野寺陸



ファンタジー・・・・・・・
いろいろ突っ込みどころが満載なのだけども、
つくり方がフランス映画に近いような気がしないでもないような。
(↑全編ほぼ青森弁だからそう見えるだけ?)
なんて説明したらいいかわからん。

おもしろかったけど、これを薦めて万人が「イイ!」って言うかどうか。
ちょっといろいろむずかしい。もう一回は観よう。
ただ、映画としてはすごいよくできてた気がします。
松ケンはやっぱり化物役者だ。ほんとうにすばらしい。

あとエンディングが中村君(っていうか100s)!






インスタント沼の加瀬亮、ウルトラミラクル~のARATAの使い方が今までにない感じ。
特にARATA。ウケた。

麻生久美子はもうずっとかわいい。
ほんとうにかわいい。大好きだ。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 麻生久美子 インスタント沼 ウルトラミラクルラブストーリー

ちょっ・・・ダニー・ボイル!
私は基本的に「なんとか賞」みたいなんはあまり興味がないので、
もちろんこの米アカデミー賞もいつもは完全スルー。
が、今年は少し注目していたのですよ。


スラムドッグ$ミリオネア

日本ではまだ公開されてないっぽいし、もちろん私だって観てない。
少し前に「王様のブランチ」で特集されていたんだけど、
映画の中身云々より気になったのが、この作品、なんと監督があの
ダ ニ ー ・ ボ イ ル 



ダニー・ボイルといえばアレよ。
シャロウ・グレイブトレインスポッティングで「期待の新星」とか言われながらも、
ハリウッド進出したとたんに大コケand酷評(ザ・ビーチ)。
ハリウッドではもうだめだとか何とか散々な言われよう。
(そういや私観てないや。ディカプリオさんじゃなくてユアンだったら観たよ・・・酷い出来でも)

その後またイギリスで撮った28日後がなんかヒットしてたので、
あぁやっぱり彼にはハリウッドの空気は合ってないんだよ・・・とか思った。


そのうち私もあんなに大好きだったはずのイギリス映画を最近さっぱり見なくなっていたので、
その後彼がどうしていたかもよく知らないまま、
先日のブランチをで久々に彼の名前を聞いて、おぉなつかしいいい・・・とか思ってのだけども。
なんかこれが米アカデミー賞候補になっているとか聞きまして。
(↑この情報はめざましテレビかなんかで知った)

・・・まぢですか?
これもし賞なんかとっちゃったらえ?またハリウッド進出しちゃうの?とか想像して((;゚Д゚)ガクガクブルブル(←お願いだからやめてね)。
そんなこんなで行方を気にしていたのでした。





したら。

作品賞は『スラムドッグ$ミリオネア』が受賞!最多8部門の獲得!【第81回アカデミー賞】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000019-flix-movi


なんかばっちり作品賞とか監督賞とか・・・!!おおぉぉすげーーーー!!
ザ・ビーチであんなことになったとき、数年後に彼がオスカー監督になるとは思わなかったよねぇ・・・
やっぱり彼はイギリスが合ってるよ。






おめでとうダニー・ボイル監督。
イギリスでまだまだがんばってください。
ところでユアンと和解しましたか?






他の賞をチラリと見てみた。
ヒース・レジャーが助演男優賞とか・゚・(つД`)・゚・ 

おくりびともおめでとう。
「バッテリー」もね、滝田監督なんですよー(ってどうでもいいか

テーマ : 第81回アカデミー賞
ジャンル : 映画

tag : スラムドッグ$ミリオネア ダニー・ボイル アカデミー賞

映画「キャラメル」観てきた←女性にオススメ
チケットもらったから行かない?と言うことで、まったくどんなもんかわからず行ってみた映画キャラメル@ユーロスペース





最初は若干不安だったんだよね・・・製作国:レバノン・フランス合作 ←ここが


今までいろいろフランス映画も見てきたけど、80%が私好みじゃなかったから。
フランス映画って、重いか意味不明かってのが多くて、
今まで見ておもしろい!って思えたのが、ほんとに片手で足りるくらいの本数しかおもいつかない。

ってそんなこんな思ってたら、舞台はレバノン
フランス映画って言うよりも、レバノン映画なのね。初見!





原題:Caramel
監督:ナディーン・ラバキー
脚本:ナディーン・ラバキー、ジハード・ホジェイリー、ロドニー・アル=ハッダード
プロデューサー:アンヌ=ドミニク・トゥーサン
撮影:イブ・サフナーウィー
音楽:ハーレド・ムザンナル
美術:シンシア・ザハル
製作国:2007年レバノン・フランス合作映画
上映時間:1時間36分
配給:セテラ・インターナショナル

キャスト:
ナディーン・ラバキー、ヤスミーン・アル=マスリー、ジョアンナ・ムカルゼル、ジゼル・アウワード、アーデル・カラム、シハーム・ハッダード、アジーザ・セマアーン







ヘアサロンに集う女性の群像劇?というのかどうなのか。
それぞれの女性がいろんな悩みを抱えながら生きていく様子が描かれているのだけども、
もう確実に日常ありがちな感じなんだよねぇ。

レバノンと日本では、宗教やら文化やらの違いもあるので、
「え?そこ悩むとこ?」とか思っちゃったりもしたけども、
世の女性がみんな、悩んでいたり、秘密をもっていたりする枠だろうなーとは思った。
最終的に思い通りになる場合もあれば、自分を抑えるしかない状況も多々あるわけで。
そんな状況が切ないんだけど、その先にちょっとの光が見えたりもするから、
それを目指して生きていくんだよね。

見終わって、なんか若干心穏やかになった

私だっていろんな悩みをもっているけども、
まあ多かれ少なかれみんな悩みなんてもってるんだよってことで(無理やり)

数年前に見たウィンターボトム監督の「ひかりのまち」を思い出したわ。
あれも切ないながらも光を見つけだす映画だったような・・・。






映画タイトルの「キャラメル」、劇中で脱毛に使われてたのですよ。
キャラメルをペースト状にしたものを伸ばして脛に貼り付けてビリっと剥がす・・・痛っ
レバノンではキャラメルで脱毛するっての覚えた(どうでもいい知識か)








シャンブルの感想でも書こうかと思ったけども、まだ言葉がまとまらんわ。
賛否両論でそうなアルバムだなと思ったけど、
そんなとこがユニコーンのアルバムっぽいよね☆

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画 キャラメル

少年メリケンサック観てきた@歌舞伎町
昨日のあの暑さはなんだったんでしょう??
何着て出ていいかわからんかったから、そこらにあったのジーパン、パーカー、スニーカーで出かけたら、
なんとなく(つか、夏じゃ・・・)を感じた(笑)




少年メリケンサック観てきました。


監督・脚本:宮藤官九郎
エグゼクティブプロデューサー:黒澤満
プロデューサー:岡田真、服部紹男
撮影:田中一成
美術:小泉博康
編集:掛須秀一
音楽:向井秀徳
主題歌:銀杏BOYZ
製作国:2008年日本映画
上映時間:2時間5分
配給:東映

キャスト:
宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、勝地涼、ユースケ・サンタマリア、ピエール瀧、田辺誠一、哀川翔、烏丸せつこ、中村敦夫、峯田和伸、佐賀智仁、波岡一喜、石田法嗣、犬塚弘、遠藤ミチロウ、日影晃、仲野茂



やっぱり初日は混んでたので、全席指定で観られる新宿バルト9池袋はしごしたけども×。
ってことで、昭和色濃い歌舞伎町のボロ映画館で観る羽目に。
この映画館、ほんとに昔の映画館っぽい感じで、始まるまで扉の外で並んで待つ上、
入替制?なにそれ?みたいなかんじで、たぶんも一回見ようと思ったら観られるんじゃないかと思う。

そんなボロ映画館でしたけども、早くから並んだおかげでベスト席ゲットできて満足。




さて本編。ネタバレなしで。

待望のクドカン最新作だけども、感想はひとこと→宮崎あおいってすごい。
もうすごくかわいかった☆いやー、私男だったら確実に惚れるね、アレ。
かわいいんだもん。なんかがんばってるし。



中身はありません。
クドカン作品って、笑いの中にちょっとした切なエピソードとか入れて
若干ほろりとくる場面とかあったりなかったり・・・んん?どうだっけ?
まあはっきり言うと、今回のこの作品は過去作品よりさらに中身が薄い(笑)
ただ、現在の音楽シーンがショボいってのを遠まわし(てないかもしれない)に言ってるのかも。

宮崎あおいと、峯田と、キムと、ピエールで結構おなかいっぱいです。
(あぁぁぁと、田辺誠一ね☆)
それでも映画館で相当ゲラゲラ笑ったので大満足。
あと、実はワキが結構豪華だったり、音楽も豪華だからそんなんとことかも楽しめる。

クドカン作品ってただひたすら笑うってのが多かったりするから、
そうなると好き嫌いがはっきりわかれるね。
私はやっぱり大好き。








昨日(あ、すでに今日か)の夜、ユニコーンの特番ピエール瀧が出てたので、
おかげで昼も夜も瀧祭りでした☆



あぁ、そのユニの特番すばらしすぎた。
何が?って言われたらそりゃもう、スターな男ーーー!!
「オーケー!カモン!よっちゃん!」だけでリピ20回はしたね。
あと、うわさのニュウアルバム収録曲「ひまわり」初聴したけども、
すっごい切な曲;;あ、これもアベの曲だ。

ところで民生の曲出し惜しみしすぎてませんか?






金曜日に昔の仲間と超久々に会ってきました。
楽しかった楽しかった☆☆

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 少年メリケンサック

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
プロフィール

mayuconnor

Author:mayuconnor
静岡出身神奈川在住。

音楽と映画をこよなく愛していたはずが、年齢を重ねるとともに字幕がめんどうになりこのところもっぱら邦画専門。
ただ、映画も音楽も米より英&日!

野球好き。
西武ライオンズがたぶん一生好き。パ派。
セだったらベイスターズ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。